誰でも惚れさせる恋愛ホルモンを操る方法!【モテすぎ注意】

恋愛
  • モテたくて色々努力してる
  • でも結果につながらない
  • 他に良い方法はないか?

こんな悩みを解決します!

そら
そら

今回は、どんな相手も惚れさせてしまう「恋愛ホルモンの操り方」についてご紹介します!

人間は脳から分泌されるホルモンによって、感情や行動に影響が出ます!

恋愛もその中の一つです!

そこで”相手の脳から意図的に恋愛ホルモンを分泌させて惚れさせてしまおう“というのが今回の内容となります!

この記事を読んで意中の相手を惚れさせましょう!

スポンサーリンク

1.恋愛ホルモンについて

恋愛ホルモンについて

今回、意図的に分泌させる恋愛ホルモンは「フェネチルアミン(PEA)」と言います。

恋愛初期に分泌されることの多い脳内ホルモンです。

  • 燃えるような恋愛感情を引き出す
  • 天然の惚れ薬
  • “恋の病”の原因

などと言われています!

このホルモンが多く分泌されると恋に落ちたように錯覚をしてしまうというわけですね!

2.恋愛ホルモンを分泌させる方法

では、早速恋愛ホルモン「フェネチルアミン(PEA)」を意図的に分泌させる方法を紹介していきます!

2-1.吊り橋効果を利用する

吊り橋効果を利用する

恋愛ホルモンは、緊張や不安を感じているときに多く分泌されます!

心理学の中でも有名な「吊り橋効果」は、まさにこの恋愛ホルモンを分泌させて、緊張や不安のドキドキを恋のドキドキだと勘違いさせるテクニックのことを指しています!

では、どのようにして緊張や不安のドキドキを起こさせるシチュエーションを作るか?

  • お化け屋敷
  • ジェットコースター
  • 映画(アクション系、ホラー系)

この辺りがおすすめです!

遊園地に行けば恋愛ホルモンが分泌されやすいのが分かりますね!

また、映画は暗い室内や激しい音響、ドキドキするシーンなどにより、自分が特になにもしなくても恋愛ホルモンが分泌されやすくなります!

映画を観終わったあとは感想を言い合うことなどで距離を縮めることもできるのでとてもおすすめです!

こういったシチュエーションを用意してドキドキさせることで、恋愛ホルモンを分泌させましょう!

2-2.食事を利用する

食事を利用する

恋愛ホルモンである「フェネチルアミン(PEA)」が多く含まれる食べ物を食べてもらうことでも効果があります!

PEAが多く含まれる食べ物でもおすすめなのが、チョコレートです!

ある研究では、チョコレートを口の中で溶かしている時、情熱的なキスをしている時と比べて2倍も脳が興奮しているという結果が出ているそうです!

チョコレートであれば、気兼ねなく渡して食べてもらえるので簡単に効果を発揮させられます!

またチーズワインにもPEAは含まれています!

つまり、チーズやワインを楽しめるイタリアンのお店で、デザートにチョコレート系のスイーツを頼めば恋愛ホルモンドバドバ状態になってしまうというわけです!

ここぞという勝負デートでは、遊園地でお化け屋敷やジェットコースターを楽しみ、ディナーにさっきのイタリアンの流れをもってこれば恋愛ホルモン大放出デートコースの完成ですね!

2-3.視覚に訴えかける

視覚に訴えかける

視覚的要因からも恋愛ホルモンは分泌されます!

具体的には、

  • タイプの顔
  • タイプの髪型
  • タイプの服装

このように自分の好みに合った異性を見た時に、恋愛ホルモンは分泌されやすくなります!

結論、美男美女であれば恋愛ホルモンを分泌させるチャンスが多いです。

しかし相手の好みをしっかりと把握し、そこにハマることができればどんな人でも効果を発揮できます!

リサーチして、タイプに合わせることで恋愛ホルモンを分泌させましょう!

2-4.嗅覚に訴えかける

嗅覚に訴えかける

嗅覚的要因からも恋愛ホルモンは分泌されます!

嗅覚は五感の中でも唯一、脳の記憶を司る部分と繋がっています。

好きな人の匂いがして思わず反応してしまったり、元カレ元カノの匂いをふと感じて切なくなったりしたことがある人も多いでしょう!

もしすでに好意を抱かれている場合に、匂いでも覚えてもらっていると恋愛ホルモンが分泌されやすくなります!

普段から匂いについては気を使いましょう!

  • 香水
  • シャンプー
  • ボディクリーム

この辺りで周りと差をつけてしっかり印象づけられると良いですね!



2-5.追いかける立場にさせる

追いかける立場にさせる

恋愛ホルモンは、

  • 手に入りそうで入らない
  • モテている相手を追っている
  • 好きになってはいけない

などの状況下にいるときも恋愛ホルモンが分泌されやすいです!

付き合う前の関係が1番楽しく盛り上がるのもこの影響です。

他の誰かにとられてしまいそうと思うと焦燥感が出てきたり、好きになってはダメだと思えば思うほど、逆に好きになってしまうのもこのせいです。

こういった状況を意図的に作り出して、恋愛ホルモンを分泌させることで恋に落ちたと錯覚させましょう!

3.恋愛ホルモンまとめ

いかがでしたでしょうか?

人間は脳から分泌されるホルモンにいとも簡単に操られてしまいます。

これを利用しない手はありません!

見た目や中身を磨くこともモテるためには大切ですが、モテるロジックを知って利用するのも大切です!

むしろこういったテクニックを知って上手く活用できれば、見た目や中身を磨くよりも効果が出るパターンも多いです!

他にも恋愛に活用できるテクニックを紹介しているので、ぜひご覧になってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました